スマホの長時間利用者が増えることにより様々なリスクが…!?社会人の48%が1日5時間以上スマホを利用しているということが判明!スマホ依存がもたらす被害とは?

【調査概要:仕事に関する意識調査】
■調査日   :2019年10月29日 〜2019年11月3日
■調査方法 :インターネット調査
■調査人数 :155名
■調査対象 :社会人
ベースメントアップス株式会社が運営する、より良い条件で退職するためのノウハウや情報がまとめられたサイト『退職の前に読むサイト』https://taisyokuagent.com 編集部は、「1日のスマホ利用時間」について調査しました。

現代人にとってスマートフォン(以下スマホ)は欠かせないものとなっています。スマホが初めて登場したのは2000年代後半です。そこから利用者は年々増加し、現在の国内スマホ利用者は7000万人を超えています。

スマホの利用者拡大に伴い、様々なインターネットサービスが登場しました。その一つがが、SNSです。SNSは現代のコミュニケーションツールとして、多くの人に親しまれています。SNSによって、世界中の情報に簡単にアクセスできるようになり、世界中の人とコミュニケーションを取れるようになりました。

このようにスマホは、私達の生活にとって必要不可欠なものとなっています。しかし、スマホの利用に関して注意すべきことがあります。それは、”スマホの長時間利用”です。スマホの長時間利用は、記憶力低下、睡眠不足などの健康被害を及ぼすことがあります。SNSなどに没頭するあまり、スマホを長時間利用している人は少なくありません。

それでは、社会人はスマホをどのくらい利用しているのでしょうか?

そこで、『退職の前に読むサイト』https://taisyokuagent.com 編集部は、社会人を対象に「1日のスマホの利用時間はどのくらいですか?」とアンケート調査を行いました。まずは、アンケート結果をご覧ください。
 

【退職の前に読むサイトから引用:https://taisyokuagent.com

社会人を対象に、「1日のスマホの利用時間はどのくらいですか?」というアンケートを実施したところ以下のような結果となりました。

1時間以内: 7%
1〜3時間:17%
3〜5時間:28%
5時間以上:48%

 

  • 5時間以上:48%

1日のスマホ利用時間が5時間以上と回答した人は、全体の48%でした。この結果から、約半数の社会人がスマホに依存していることが分かります。上述したとおり、長時間のスマホ利用は、健康被害を及ぼすことがあります。健康被害を出さない為にもスマホの使い方を、改めた方が良いと言えます。
 

  • 3〜5時間:28%

3時間から5時間と回答した人は、28%でした。スマホの利用時間が長時間化した原因の一つが、動画配信サービスの登場です。動画配信サービスに加入すると、スマホ一つで映画やテレビなどの動画を見ることができます。簡単に動画が見れる環境になったことで、スマホ利用時間が長時間化してきています。
 

  • 1〜3時間:17%

1〜3時間と回答した人は、17%でした。少し時間が空くとすぐにスマホを手にとってしまう人は少なくありません。そのような人はスマホをイジるのが習慣化していると言えます。とりあえず、スマホでネットニュースを読んだり、SNSを利用したりする習慣を見直し、スマホに依存しない生活を目指した方が良いです。
 

  • 1時間以内: 7%

1時間以内と回答した人は 7%でした。1日1時間以内であれば、適切な利用時間範囲ないと言えます。1時間以内と回答した人は、引き続き利用時間を伸ばさない為に、寝る1時間前からはスマホを見ない、通知をオフにするなどのルールを設けることが重要です。

下記記事では、「スマホを長時間利用するリスク」について詳しく説明しているので参考にしてみてください。
https://taisyokuagent.com/articles/560
 

  • 関連サイト

■ベースメントアップス株式会社:https://basementapps.tokyo
■お問い合わせ:https://basementapps.tokyo/contact
https://taisyokuagent.com
https://kagoshimahighball.jp
 

Post Author: PRTIMES